新築注文住宅コラム

トップページ » 新築注文住宅コラム » 

大容量の収納スペースのあるお家

「家を建てる」計画を始めたとき、どんな家にしようかな、、と誰しも考えます。

どんな家にするか、何が必要か、それは「自分たちの生活に何が必要か」
「何があれば快適な暮らしが実現できるか。。。」

真っ先に「収納」と思いつく人は少なくないはずです。

収納スペースに余裕があれば、いつもすっきりと片付いたリビングは、
ゆったりとくつろげる空間になるでしょう。
普段必要のない季節ものやアウトドアグッズなども、
何処に何があるか把握のできる、ゆったりとした収納スペースがあれば、
準備も片づけも楽々ですよね。

片づけや、整理に費やしていた時間を、自分の好きなことに使えたり、
いつもより、ゆっくりする時間が増えたり。。。
「収納が豊富」ということは、いいことづくめなのです。

しかし、問題は、そのスペース、、、
収納を増やす分、敷地も広くないと収納豊富な家は建てられないのでは・・?


 

生活空間を確保しながらしっかり収納!
テクノストラクチャーのスキップフロア構造

テクノストラクチャーの「収納上手な家」なら、生活スペースを狭めずに収納がふやせます!

スキップフロアとは床面や天井高に変化を付け、解放感あるリビングを実現した、
プラスαの収納空間を実現できる間取り構成の事です。

img01-2

 

CASE1:スキッププランで広がる収納スペース

中2階などに天井の低いスペースを設け、収納の確保と広い部屋の実現を可能にします。
居住スペースを狭めることなく、様々なものを収める収納スペースを増やすことができます。

img02-1

 

CASE2:スキッププランで生まれる4つのメリット
採光・遮音性・眺望など、うれしいメリットがぞくぞく♪

img04-1

 

CASE3:収納上手の家はウォークイン

地下室や屋根裏収納も便利だけど、荷物の上げ下ろしは大変。
収納上手の家は水平収納だから、廊下から手軽にウォークインで荷物の出し入れができます。

img03-1

 

CASE4:スキップフロアのプラン例
下収納・中収納・上収納のあるスッキプフロア構造

一見、2階建てのようで、実質5つのフロア空間を持つ収納豊富なプランです。
階の上下に生まれるデッドスペースをフル活用した大収納の新築注文住宅を実現します。


 

img05-1

どんどん増えるモノで家の中がゴチャゴチャ!
みんなが感じています。収納の重要性!!

≪入れやすくて、取り出しやすい≫は収納上手な家を作るための鉄則ですね。
客用の布団、レジャー用品、こいのぼり、ひな人形、、
何処に何があるか一目瞭然で、すぐに取り出せるように収納する。
それは、まさに「暮らし上手」であり、快適な家づくりに欠かせないテーマかもしれません。

817128gotoh

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ