新築注文住宅コラム

トップページ » 新築注文住宅コラム » 

暮らしと収納を考える 【パートⅠ】

いつも家の中をスッキリさせていたいのに片付かない・・・

ing01
リフォームにしても、新築・建て替えにしても、多くのお客様のご要望のTOP3に入る『収納』!
皆さん、お悩みのようです。
でも、場所や用途など基本をおさえた収納計画を立てれば、誰でも片づけやすい住まいを実現することができるんです。
収納の適材適所、広さ、構造を考える。
物の出し入れの優先度を考える。
こうした事で、家事や日常生活をぐんとラクにする収納へと変わります。
お気に入りのインテリアも、引き立ってきますよ♪

■部屋が片付かない原因はなんでしょう?

毎日気をつけているつもりなのに、 なぜか散らかってしまう。
日常生活の中で、片づけが追いつかない。
それは、もしかすると“手近な収納場所”がないからではないでしょうか。

【今使っているものの置き場がなくて出しっぱなし!】

読みかけの新聞や雑誌、食べかけのお菓子、寒い時に羽織るブランケットなどは、ついテーブルやソファの上などに出しっぱなしで、ごちゃごちゃと散らかってしまいます。
ちょっとした“置き場”(入れ物)を用意しましょう。

f7625a8cdf091011d84d3379526cc10c_s

【普段使うものが出し入れしにくい】

頻繁に使うものを、取り出しにくい場所にしまっていませんか?
出し入れしにくい収納は、ものが出しっぱなしになる大きな原因にもなります。
普段使うものの収納こそ、しっかりと使い勝手を考えましょう。

649bf844d0324afbb984d562f494e3b2_s

【家族の生活習慣】

外から帰ると自分の部屋や寝室に行く前に、リビングに服を脱ぎ捨ててしまう…。
こんな習慣がある人には、リビングに洋服の一時置き場があれば便利です。

5aa866b2b7dd48b7f023db94d2da6a5d_s

【使う場所から遠い位置に収納がある】

使う場所から遠いところにしまうと、元の場所に戻すのが億劫になり、出しっぱなしになります。
収納は量や形だけでなく、生活習慣に合わせた設ける位置も大切です。
例えばリビングで本を読む人はリビングに本棚を、アイロン掛けをする人はアイロンの道具置き場を確保するといいですね。

名称未設定 1

【使う人の心がけの問題・・・】

家の中にあるたくさんのものにそれぞれ指定席を決め、家族みんなで「使ったら元の場所に戻す」というルールを守ることも大切です。

■暮らしにゆとりをもたらす使いやすい収納

すっきり片づけられる収納は、インテリアを素敵に見せてくれるだけではありません。
心にゆとりをもたらし、無駄を省き、生活を心地良くしてくれる効果も大きいのです。

【日々の家事がはかどり、時間に余裕ができます!】

床に物がなければ、掃除機やモップ掛けがやり易くなります。
台所用品・常備食材・掃除道具・洗濯用品等を決められた場所にきちんと整理して収納することで、家事効率がアップし、忙しい毎日にもゆとりが生まれます。

【ちょっとしたイライラを解消】

ゆっくりくつろいでいる時、または忙しくてバタバタしている時、「ママ、あれはどこ?」と家族に聞かれてイライラ。そんな経験はありませんか?
しまう場所を家族で決めていれば、こんなイライラから解消されます。決められた場所にしまうという片付け習慣も家族みんなで身に付けていきましょう。

188b6a73072e5c42a550ee50fe25e692_s

【クローゼットを整理して、コーディネート上手に!】

洋服はたくさん持っているはずなのに、着たい服がなかなか見つからない。同じような洋服ばかり買って失敗してしまう。その原因は、服で一杯のクローゼットかも。すっきり片づいたクローゼットなら洋服を見渡すことができ、あなたもコーディネート上手になれそう♪

faac111b620f23ab386cf7fb721dad53_s

【子供の片付け習慣】

リビングやダイニングにおもちゃや本が出しっぱなしになってしまうのは、片づける場所がないせいかもしれません。
遊ぶ場所にしまうスペースがあれば、きっとお子さんも片づけできる習慣が身につくはずです。

95f83a0c55a509cc743ca6f7c776b5a4_s

■我が家にぴったりの収納をつくりましょう!

理想の収納は、暮らしと家族の数だけあります。
出し入れ簡単、使いやすく見た目も美しい部屋がすっきりと片づく収納計画は、
家族の人数、ライフスタイルや、収納するものをじっくり考えることではじめて実現できます。

【収納を計画する前に、まずは整理を!】

いらないものは持たないことが収納の第一歩です。
新しい住まいの収納計画を立てる前に家中にあるものを「いる」「いらない」と分類し、いらないものは人に譲ったり、リサイクルに出すなどしましょう。どちらか悩む場合は取り敢えず取って置き、ひとまとめにしておきましょう。

【思い出の品や大切なものなど、捨てられない・・・】

子どもの絵や工作、昔使っていた趣味の道具、代々受け継いできた家財などは、なかなか捨てることができません。
そうしたものを多くお持ちの家庭なら、屋根裏などを活用した大型の収納スペースを設けてはいかがでしょうか。

04_01_制震_130228_3re

img_skip02_9

テクノストラクチャーの《スキップフロア構造》で、広い生活空間を確保しながら、大容量の収納スペースのあるお家を建てませんか?!
詳しくはこちらをご覧ください⇒

【将来の家族の変化に対応できる収納計画を】

家族の人数が増えたり、ライフステージが変化すると、持ちものの量は当然変わってきます。
将来を予想して、余裕をもった収納計画を立てましょう。
また、収納するものに合わせて棚板を動かせるような、フレキシブルに使える収納が重宝します。

【家事や暮らしの習慣に合わせた収納を】

家での過ごし方、家事の段取りなどを洗い出してみましょう。
家事動線や生活動線に合った収納をつくれば、片づけやすい収納計画が実現できます。

【物の指定席を決めましょう。】

家の中にあるすべてのものに対して、しまう場所=指定席を決めましょう。
どこに何が入っているか家族みんながわかるようにラベルを貼っておくのも良いですが、個人的には見栄えがあまり良くないので「見えない収納」の場所に限りますね。

整理

【しまうものの量やサイズに合わせ、使い勝手を高めましょう。】

使い勝手のいい収納をつくるには、もののサイズや形に合わせて計画することが大切。
奥行きが深い収納場所にものを前後に収納すると、奥のものがしまいっぱなしになりがちです。
あらかじめものの量やサイズを考えて計画しましょう。また、収納用品を上手に使いましょう。

次回からは、お家の個所別に収納を考えていきます。
『暮らしと収納を考える 【パートⅡ】』は『玄関』です♪
パナソニックの収納・建具・内装商品は、美しく様々な機能を備えたものを取り揃えております。弊社スタッフがお客様のご要望をお聞きし、それに沿ったご提案をさせて頂きます。どうぞお気軽にご相談ください。

by あおあお

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ