アヴィータ 賃貸住宅|枚方市 新築・建て替え・耐震住宅の椎葉テクノホーム テクノストラクチャー

トップページ » テクノストラクチャー住宅シリーズのご案内-アヴィータ » テクノストラクチャーのメリット

テクノストラクチャーのメリット

テクノストラクチャーのメリット①

建築基準法を大幅に上回るチェック項目(388個所)。すべての物件に安心のPanasonic構造計算書が付きます。

テクノストラクチャー自動躯体設計システム

地震・台風・豪雪などの災害が起こった際、建物にどのような力が加わるかを計算し、その力に耐えられるか検証。

計算①
計算②

①構造部材の徹底的なチェック

自動躯体設計システムを用いて、388項目のチェックを行います。
自動躯体設計システム

①最適な基礎設計

自動躯体設計システムを用いて、頑強な基礎を設計します。

戸建住宅5万棟の実績に裏付けされた『安心の構造設計』

テクノストラクチャーのメリット②

実際の建物に、阪神大震災クラス(震度7相当)の揺れを5回にわたり加える実大耐震実験をクリア。高い耐震性が証明されています。

実大耐震実験

テクノストラクチャー工法の優れた耐震性能が実証されています。『安心の耐震性能』

テクノストラクチャーのメリット③

テクノストラクチャー工法は木構造の弱点<経年劣化>克服。

■<経年劣化>の要因

構造材の反り/ねじれ/割れ/痩せ/クリープ ⇒ 接合部度劣化も招き、建物のゆがみの原因に

■<経年劣化>が引き起こす弊害

ドア/引き戸の開閉障害 ・ 床成り/床不睦 ・ 隙間風(断熱欠損) ⇒ メンテナンスが必要

部材変形がほとんどない・安定した集成材活用
オリジナル金具

メンテナンスが少ない構造は、オーナー様のメリットとなります。= 『安心の耐久性能』

木構造の弱点:クリープ変形

オリジナル金具

弊害を防止するためには、大空間の上部に居室を設置しないなど、プラン制約が発生。

プラン制約は、レンタブル比に直結し、建物の資産価値を大きく左右します。

テクノストラクチャーのメリット④

変形土地にフレキシブル対応

斜め壁により敷地の有効活用

テクノストラクチャー工法で、敷地の有効活用 = 『敷地対応力』

テクノストラクチャーのメリット⑤

将来のプラン変更に対応

将来にわたり安定した賃貸経営

テクノストラクチャー工法で、ニーズ変化に対応したリニューアルを実現 = 『安心のプラン』

Pocket

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ