つれづれなるままに~経営者の想い

  • HOME
  • >
  • 社長日記
  • >
  • 身近な自然の生き物に心を配る
  • 身近な自然の生き物に心を配る

    ピンと張りつめた、神経。ときには、壊れそうになる心。
    それが、経営者なのかもしれません。
    今日の道しるべを求めて、毎日が開拓の連続です。
    そんなある日のこと、二人の孫を連れて、和歌山県串本の実家に行くことになりました。
     紀州路を南へ走ると、黒潮おどる景勝地が出迎えてくれます。
    本州最南端の一歩手前にある、すさみ町には、日本でも珍しいエビと蟹の水族館が
    有ります。其処へ、孫たちを連れて入る事に、、。
    「この施設、本当に維持できているのだろうか?」と想うぐらい施設は、アンティーク。
    私が感心したのは、この古びた建物の中で働く、生き物を想う「人の心」です。
    海の生き物が本当に好きなんだなあ?そこかしこに、生き物たちの説明を一目みただけで、
    働く人の心が伝わってまいりました。
    「この施設のスポンサーになってもいいわ」と想っているところです。
    身近な自然の生き物たちに癒され、恩恵をうけているのだなあ、、。しばし、感じるお出かけでした。

    コメントは受け付けていません.

    住まいに関するご相談・お問い合わせ
    ネットからのお問い合わせ
    問い合わせ