つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

逆境から学ぶこと

宮崎県が、二期連続和牛日本一に輝いた事をこの間、夫の
 故郷である宮崎へ行って知りました。今から、三年ほど前の
出来事が脳裏をかすめました。宮崎のほとんどの牛が、口蹄疫に
かかり、殺処分を余儀なくされたというその時、五頭だけしか種牛が
行き残れなかったといいます。また、このような疲労から、家族に不幸が
襲ったと言います。そんな、苦しい逆境を見事にはねのけ優秀の美を飾る
事は。ほんまもんやと想います。経営をしていて、思うことは、苦しい道を
あえて選ぶ事が、将来に花を咲かせるのだと想います。人間だれしも、楽を
したいもんです。その反対に、辛いことに負けずに前を向いて歩いていると、
誰かが手を差し伸べてくれるものです。宮崎の酪農家の方は、本当に偉いね。

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ