つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

飛ぶ鳥後を濁さず

「これまで、本当にお世話になりました。辛抱して私を育てくれました。」
 今日このように言い残して、二年半の歳月に別れを告げたスタッフがいます。
 私は、彼女の冷静な言葉使いやふるまいに感動するばかりです。
人間は、その人の都合でいつかは、別れがやってくるものです。
 彼女の都合にしても、次の人へ丁寧にバトンを渡してくれ、次のスタッフも、
「すごく親切に教えてくれました」と、感謝のことばが。
 ささやかながら、レストランでお別れのお食事をしました。私は、思わず「ありがとう、、。」が
仕事は辛いものです。でも、人間苦しい時がチャンスです。人のせいにばかりしていては、成長できず
にいつまでも、苦しさから這い上がることはできません。彼女の働きぶりが偉いのは、いつも
謙虚なんです。十分に乗り越える力を蓄えた彼女は、他所に行っても、大切にされることでしょう。
 「ああすれば良かった、こうすればよかった」と想うことばかりです。でも、引き際良ければすべて
まるだね。これまで本当に素晴らしい仕事に「ありがとう」

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ