つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

日本語の正しい使い方

本当に、建築のお仕事は難しいです。先日、お客様から、言葉の使い方によって
 誤解を招きお叱りを受けました。お客様に対して尊敬語、丁寧語、、謙譲語を使い分ける
技術が必要と思いました。親しくなった為に、軽はずみな事を言ってしまい、「上げ足」を
 つかまれてしまいがちです。それは、技術以上に、言葉のもつ力によって
どのように理解をしてもらえるかということが大切です。。 
建築のお仕事は、勢いだけではできるものではないこと、つくづく感じさせられました。
みんなで、話し合い、反省しました。
 
 

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ