つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

叱られる喜び

Pocket

皆さんは、喜んで叱られる覚悟はできていますか。まだ、私達が経営の
いろはさえ知らなかった時、叱るということすら知りませんでした。
 みんな年上の人が従業員ですから、逆に経営者は叱られてばかりでした。
「なんだ、私が経営者なんだ」と気がついたのは、五十才にはいってからでした。
 人生五十年とよく言ったものです。これまで歩いてきたさまざまな出来事が、まるで雲の
上から見渡せるがごとく、ゆうだいに見え始めました。
そして、心のなかで、スタッフと一緒に戦いたいという気持ちになりました。
思うようにならないのが、人であり、人生です。人は、ほめられると嬉しいものですが、
逆に、叱られる時こそ、チャンスがひそんでいると想います。
「この人を何とかしたい、どうか成長しておくれ。」心の奥底でそのように叫んでいます。

Pocket

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ