つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

あなたは、どちらの支持派?

「えっ、あのお店まだやっているの?あの商品まだあるの?あの会社
まだ、続いているの?」と、感心したことありませんか?
 その反面、破竹の勢いで急成長を遂げている会社に魅力を抱き、
多くの新卒者が集まってくるという話も時々耳にしますね。
 皆さんは、どちらの会社に興味を持ちますか?
私は、一口に言って企業の価値とは長きにわたって存続することに尽きると想います。
そのような、単純な事がわかったのも、実は最近の事です。若い時は、「格好ええ」というものに
あこがれてしまいます。たとえば、上場企業の方が中小企業より格好ええとか、売り上げ高は
高い方がええとか、、そのような華やかな世界に興味を抱いたものです。
ところが反面いいということは長きにわたって続かないということです。
今日先ほど、大阪に古くからある、繊維問屋「船場センター」に行って感心したことがあります。
「まだ、この店続いているんや」と。これはあくまで、単純な話ですが、上場企業のなかでも
百年以上の商品や技術が存在していることは素晴らしいことです。
存続するために大切なものは、お金で買えない「人づくり」ではないでしょうか?
目の前の技術や、売り上げばかりに気を取られると、「本当に大切なもの」が失われてしまいます。
 ゆっくりでいいから、「信頼を築いていく」その結果が、存続の結果になるのだと想いますが、
もし、あなたが、経営者なら、「いけいけ、どんどんタイプか、じっくりジィワーとせめるどちらのタイプですか?

 

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ