つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

今、いてるところでがんばるそして勝利する

年の瀬も残すところ、あと一か月となりました。l
 みなさんは、今年、どれだけ、「成長できたと、、思いますか?」
 私の会社も、今年四十二歳になり,枚方市では、名前が浸透してきました。そして、従業員の
能力もアップしてきたように、思います。
 お仕事に対する考え方には、二つの考え方があると思います。
一つは、「この仕事やりたくてやったけど、条件が違うまた、言っていることが違う」と相手を攻める
という考え、
もうひとつは、、「なっとくはできるできないにしても、自分が認めてもらえるまで頑張る」
という考え。 いろんな人の集まりが会社です。今では、あのころの昭和の時代が懐かしくさえ思います。
社長は親であり、スタッフは子供と一緒です。社長である私は、従業員がかわいくこのように育ってほしいと
思っているからこそ、思ったことを言います。幼い時、親がこのような教育をしてくれました。
「なぜ、叱られたのか、その原因を
考える子供になりなさい。」と、
お仕事も商売も牛のよだれです。長きにわたって、自分を認めさせてみせるという覚悟が必要ではないでしょうか?
そして、今いてる所で、勝利するその一言に尽きると思います。
たとえ、お仕事を変えたとしても、何かが良ければ、何かが足りないものです。
それが、人生の行路という方程式なのでしょう。
たとえ、意にそわないお仕事であっても、こつこつ、ひとつひとつ、今いてるところでがんばることが
 大きな自信となることでしょうね。
 
 

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ