つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

気持ちよく働くには

経営者には、ふた通りのタイプがいてると思います。
 一つは、「お金もうけが好きなタイプ」もう一つは、
「人を育てることに一生懸命なタイプ」」だと思います。
 若い間はともかくとして、今、私は、スタッフが自分の
頭で考えどうすれば仕事が楽しいと思ってもらえるのだろうか?と
悩むばかりです。自分の意思で動き、お客様に喜んで頂いた時「プロと
して」認められ、楽しいお仕事が待っているのだと思います。
一日が気持ちよく働くには、「朝に勝つ。つまり朝早く夜は早くに終わる」ことを
進めています。
 パートからアルバイトの方に至るまで、朝早くスタートを切ることを勧めています。
入社したての、パートさんが、三十分前に来て、玄関を掃除してくれている姿を見ると、
本当に気持ちの良いものです。ところが、仕事に慣れてくると、初心を忘れて「仕事
を頂くありがたさ」が、遠のくことがあります。
 経営者は、仕事ができるできない事より、誠実にやってみようと、素直に取り組める人
を望んでいます。最初はできなくても、こちらがじっくり待っていると、「この人はすごい」と思える事があります。
 最初から何でもできる人より、むしろできなくても、「素直な心」をもつ人は、やがて周囲から認められるように
なります。もし、お仕事で悩んでおられるとしましたら、人より先に会社の門をたたいてみてください。
 会社が大きい、小さい、社長が認める認めないでは、ありません。あなたが、あなたの会社に必要とされる人として、
天が認めてくれることでしょう。
 人を育てることは、時として、理解してもらえないことがあります。お金儲けより、大変なことです。
いつもこのように、思っています。「この子が他所へ行ったらわかるわ。」
そういう私も、思うように人を動かせず、ダメな経営者です。

 

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ