つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

かぐや姫の物語

Pocket

「人間何のために、生きているのか?最高の幸せとは?」
人間といういきもののテーマ作品が、「かぐや姫の物語」ではないはでしょうか?
 この映画を、鑑賞して、「かぐや姫は、何のために来て月へ帰るのか。この世では、
何を感じ生きていたのか?かぐやひめの罪とは?」
高畠監督が、問いかけたかったこのテーマ皆さんは、どのようにごらんになられましたか?
 私のこれまでの、つたない人生体験による、身勝手な「解釈」ですが、この物語は、あの世とこの世の
輪廻を表していると思います。欲望の塊が、人間界なのでしょう?子供が生まれる時、「どうか
五体満足でありますように」と願う親が、いつの間にか、「出世欲、金欲」などに、ふりまわされ、人の滅びゆく
姿が描かれています。この映画を通じて、人間はあまり欲を出さず、平凡なくらいが一番、
幸せなんだね。ところで、私ごとですが、目先の儲けに走る人は、「嫌い」です。
これを教えてるれたのは、主人です。主人は、欲を出さずに働けば「長く商売できる」といいます。
しかし利益と欲は、違います。誠実に想いやりを持って人を大切にしていると、「あの世でも、幸せが
待っていることでしょうね。人のために生きることは、自分の今の人生や、来生までも、
守られることでしょう?ぜひ、かぐや姫の物語は、おすすめです。
なんともいえないほど、賢そうな女性が、鑑賞していました。

 

Pocket

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ