つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

勝つと負けるは裏返し

Pocket

全日本スケートご覧になられましたか?高橋大輔さん、断念です。
スポーツはいいですね。観る人も、スポーツマンの人生すら伝わってきます。
人には、誰しも強さと、弱さが折り重なって、また、弱さを乗り越えた時、大きな
自信となり、それ以上に素晴らしい人生がまっているんだね。
 どんな優秀なスポーツマンであっても、勝ち続けることは不可能なことです。
これは、どんなことにも、通じることです。勝って、負けるということは、商売の世界にも言えることです。
 たとえば、銀行さんがよく、決算書をみてなんだ赤字かと言ったとします。私は自信を持って、このように
反論します。四十年やってきて、勝つばかりではありませんよ。むしろ、負けている時のほうが多いことでしょう。
しかし、負けた時の内容が大切なんです。負けを反省して、どのような方向に向かっているかということなんです。
 銀行さん、むしろあなたの会社ほどうなんですか?融資先に失礼な質問ですが、スポーツマンと観客という関係に
私の会社の歩んでいる姿を重ね合わせてみました。
この世に 完成した人なんていてません。でこぼこ道を歩きながら、頭を打ちながら、人は成長していくんですね。
 汗と、涙、苦しさに勝った時、勝利の喜びが待っているんです。
高橋大輔さん、中高年の女性の目から見ても、「こんな子がほしい」存在です。
これからの、人生に何を残してくれることでしょう。
 
 

Pocket

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ