つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

永遠の零

情けは人のためならず。日本人らしい言葉です。
昨日、永遠の0を見ました。3世帯同居をしていた私は、
父から太平洋戦争の時代の話をよく聞かされてきました。
知覧へ行った時、号泣したものでした。
この映画をみて、皆さんはどのような感想をお持ちでしょうか?
 私は、このように思います。日本人の他人を愛する心、国を愛する心が伝わってきて
素晴らしい作品ですね。
私の父も戦死した友を思いお墓の手入れを今日までしてきました。他の国の人は
家族は愛するけれど、日本人ほど他人はおかまいなしとも聞きます。
最近は自由すぎて「きまま」を言う人が多く、国の負債が減らないのも
これまで、経済成長のみにウエイトを置いてきたためと言われています。
しかし、昨今震災からまた、日本人の魂がよみがえってきたとも言われています。
 平和という尊きものを思う時、せめて私にできることは、今いてるところで、
皆様と仲良くさせていただくことだと思います。

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ