つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

素直な心

どんな仕事でもそうですが、長く続けているとだんだん自分の
やっていることが見えてきますね。余裕も出てきてしごとの意味が
わかってきます。でも、一生懸命過ぎて、周りを巻き込む笑顔には
なれません。そんな時、一度は事業に失敗したある人から電話が入りました。
「今、鳥取でまちおこしにこんなぼくでも役に立つ人生があるってこと知った」
 その人は、失敗を繰り返しながら最後に家具団地にあった家具やを閉めたそうです。
なのに、メチャ明るいんです。周りの人が思わずひきつけられるような笑いがありました。
 彼はこう言いました。「あきらめと、さとりの世界紙一重」素直な人は、周りの人も明るくするよね。
さあ、がんばろう。素直な心は、周りの人々を幸せにするパワーがあるよね。

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ