つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

花の山

行きつけの、美容室で見た女性週刊誌に、国民が好かれる俳優さんのトップが、
高倉健さんだそうです。高倉健さんは、八十歳になってますます、「深み」が
増して、「あなたへ」は、人生そのものを演じた味のある作品でした。 
 さて、人の行く裏に道あり花の山「千利休」というのがあって、百人のうち九十九人が
選ぶ道があるとしても、自分一人はあえて裏の道をいければそこに山のように花が咲いていると言う
たとえだそうです。たとえば、一人辞めると、私も私もと、退職届けを出したがる人がおります。
こんな人は、責任感がなく、ただ、給料稼ぎにすぎません。人は人、自分は自分せめて、やり遂げるまでは、
動かない。このような人は、立派です。夫の椎葉は、転々と職を変える人を、「それだけのもんじゃ」と、一言。
 人生、五十を過ぎて、人さまのお役に立ちひと花咲かせたいと考えておられる方は、転職をせずに今いてる所で、
仕事の量を、倍に増やすことだそうです。そのような人は、他社からも、良い条件でスカウトが待っているのかも?
 いやいや、それ以上に、「やり遂げた」という、花の山に満たされることでしょう。

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ