つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

本当の親切

Pocket

朝、代車に乗って近くのコンビニに車を止めました。
 コーヒーとパンを買い、エンジンをかけようとしたのですが、
急にチカチカと停止サインが突き出しました。後ろの車が私の車が出るのを
イライラしながら待っている様子が、うかがえました。
車に疎く、しかも代車とあって、あせればあせるほどに、停止スイッチが見つかりません。
 この様子を、コンビニのトラックに乗っていたお兄さんが、
わざわざトラックから降りてきてくれ、「これです」とばかりにチカチカをさっと止めてくれ足早にトラックに
乗って去っていったのです。
「ありがとう」と、一言お礼を述べるだけが精一杯の時間でしたが、この若者の行動に感謝と感動するばかりです。
私達は、建築という仕事を通じて感謝されるのはあたりまえのことで、何かあったら文句を付けたがる人に出会うことがあります。
 職業から人を判断してはなりませんが、いわゆるナンクセを付けて困らせる方は、「頭でっかち」の方が多いのに比べ、
トラックに乗って単純作業をやっているこの若者の姿こそ、日本人が大切に守ってきた助け合いの「魂」ではないでしょうか?
今日一日、笑顔で過ごせます。本当に、ありがとう、トラックのお兄さん。

Pocket

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ