つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

一期一会

職場で、学校で、飲み屋で、今日という日の話題はサッカー、ワールドカップでの
勝利への期待だようです。そんな浮かれた話題さえも、忙しさのあまり遠のいてしまう
のが、私達中小企業の経営者です。そんな日の今日お友達が、エキシブ八瀬離宮へ
お誘いしてくれました。リッチで華やかな暮らしは嫌いではありませんが、
自分が苦労して得られてこそ、価値があり、私にはもったいないと思ってしまいます。
まるで宮殿にいてるような設えの中で味わう夕食に舌づつみを打ちながら,
ありのままの自分を語り合います。この日は、京都の友人が友人を誘って来てくれました。
その友人ときたら、皇后陛下の物まねをしては、笑わせるものですから、思わず口に含んでいた
お水が「ブー」と、、。あまりのおもしろさに、お腹の筋肉を使いすぎてしまいました。
 振り返りますと日ごろは、疲れる話ばかりで、お腹の底から笑うことなんてありませんでした。
彼女は、今日tと明日が楽しければいい、、。と、ぽつり。
ありのままに生きるとは、自分勝手に生きることではありません。
お年相応に優しい人は、人を喜ばせるために生きているんだと思います。
今、目の前にある、この瞬間にしかない景色。すべてが一期一会。
私には、このような素晴らしい友人が、いつも待っていてくれていると想えば、
生き生きとした日常を心にもたらすことができます。
私は、心の底から、京都の友人の、心の深さに感謝するばかりです。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ