つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

面接

ご近所の喫茶店でコーヒーを頂いていますと、
ある会社が、面接のあとに採用が決まったようで、
オーナーさんと、お茶しているようでした。
不安を隠せないような新入社員。
経営者である私は、人を雇いいれる苦労と
使われる人の立場を身にしみて痛いほどに
わかります。
「最近すぐやめて行く人が多くて、大変なの。」と。
「私も人には、苦労の連続だったよ。でも、繰り返し継続していくうちに
人は何を望んでいるかというが分かってきますよ。
人に苦労させられるからこそ、感謝の気持ちが分かり、人は強くなれるんだと思います。」
 事業人しか味わうことのできない人の問題。
思うようにならない人を、「気付かせてあげる」本当に時間がかかります。
従業員よりこちらが辞めたいと想うことがしばしば。
他人の協力あってなしえる事業は、辛い事ばかりでもありません。
 真剣に業務にあたっていると、「ここまでできた。」という自信がわいてくるもんです。
コツコツと長く働く人や事業主は、貴重な存在ですね。
 

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ