つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

 建築業を通じて今想うこと

みなさん、建築業界をどのように見ていらっしゃいますか?
 現場監督を募集していましたら、この道一本四十三年という方が
応募してきました。面接時のお話が印象的でしたので、紹介させていただきます。
「わたしは、アホの一つ覚えというか建築というものづくりが好きでしたが、私の行くとろろ
行くところ会社が倒産してしまいました。不動さんやに来ないかと言われましたが、家を通じて
金儲けしているところと馬が合いません。不器用なんですね」
 そこで、私は言いました。「私は本当にいい家建てて喜んでもらいたいと考えてきましたが、
請負工事とは受けて負けると言いますよね。建築は真面目にやればやるほどに儲かりません。
 そしてなんぼこちらが信用あったところで悪質な業者や人にさいなまれるか知れません。
それでも、これなんぼで売る不動産屋より額に汗を流して働く私達の方が仕事に対して誇りが持てると思いませんか」
 生き方は人それぞれですが、前を向いて生きる人が好きです。
人はどんな時も、自らの心をふるいだたせつつ、まさに命の尽きるその瞬間まで歩み続けなければならないと思います。
 それが、人としての使命だと想うのです。汗を流してきたからこそ、学んだ私の生き方かもしれません。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ