つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

新成人へ

成人の日を迎えるにあたって、私が中小企業の
経営者としての体験からひとつだけ申し上げたいことが有ります。
 社会に出て仕事に就いたならば、どんな仕事にせよ、素直な気持ちで
まず三年は続けるということです。
というのは、転職するにあたって、人の能力を評価する前に、三年も続いていない人は
雇用側としまして、採用の基準に達していないと判断されがちです。
社会は、学校で教えてくれない自己責任すべてといって良いのです。まして、給料をもらうとなると
もらう側ではなく、出す側が決め手となります。どんな人に来てもらいたい、全ては、企業側なんです。
そんなきびしい現実を生き抜こうとする人を社会はあたたかく迎えてくれます。
 企業が迎えたい人とは、コツコツ惜しまぬ努力を続ける人でえす。若い時から、あれもだめこれもダメ、と
いう人は、厳しい社会から、取り残されてしまいます。つらいこと、苦しいことさまざまな経験が、
大きな人となり、運も付いてくるんですよ。新成人の人生に輝きあれとお祈り申し上げます。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ