つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

日本の森が危ない

昨夜、eテレを観ていましたら、速水林業の社長さんが出ていました。
 日本の林業を考える第一人者して、有名な方です。
私が和歌山県の出身であり、弟の知人でもある速水氏の林業に対する熱い思いは、
よく聞いておりました。ただ、木を植えればいいではなく、植えたものは、人間の手によって
伐採せねばならない、これまで森林を放置してきたために、たとえば熊野で起きた豪雨による崩落事故など、
今、日本の山々が危ないと言われています。
「木」と関わりあう、建築業者にとって、速水さんのような、存在は貴重な方です。
自然環境を保護する意味におきまして、私達が考えさせられることは、もっと、国産の材木を使い
長い目で、日本の森を育てることだと思います。
地球環境を考える時、杉板一枚からでも、国産の間伐材でも、使うべきでしょう。
こんな気持ちとは裏腹に、集成材に頼らざるをえない、商売人としての自分に
やるせない気持ちになります。
歴史は繰り返すと言います。林業を、今一度、国の産業として長い目で育ててほしいものです。
 国会議員共々、ぜひ、一緒に考えてほしいものです。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ