つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

出町柳駅

故郷の串本高校の同級生から、「かなちゃん、今住んでいるマンション売って」と。
 こんな依頼があり、その時は、私自ら、動きます。
任せて安心と言ってもらえるように、私なりに培ったノウハウにて提案をさせてもらいます。
ここ、枚方は京都に近く、京都の物件の情報も時々頂くことがあります。
今日は、京都にて物件が出たのでぜひ、私に観てほしいと言うのです。
さて京都の出町柳という京阪電車駅はご存じでしょうか?
京阪電車を降りますと、待ち構えているかのようにかわいいワンマンカーが現れます。
鞍馬への叡山電車は人を引きつける魅力が,,.、とても、風情があるんです。
 こんな金額の大きな仕事をしていると、責任感の強い私は心が
パニックになると決まって、癒の為に一人旅をよくした場所です。
そんな、哀愁のある、出町柳駅で、迎えてくれるのは、大切な友人です。
やはり、持つべきは、心の通う友です。
ある物件からの、出会いで、同業者であり、女性らしい気配りの行き届いた友人は、
いつも、心に寄り添って下さり、何でも打ち明けられるとても大きな存在の友
 となりました。
義経が鞍馬で修業したと伝えられるその土地の入り口である、出町柳駅へは、
枚方~京阪電車の特急で、三十分、歴史的ロマンの香りが漂う駅です。



コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ