つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

おごと温泉で

立春を過ぎてなお、ひときわ冷え込みが感じられる滋賀県へ、行きました。
 京都をひと山越すだけで、寒さがきわまるようです。
湖西線に乗ったなら一段と、田一面が雪化粧のおおわれる関ヶ原は、
昔から豪雪地域で有名ですが、その一歩手前に、おごと温泉があります。
その、おごと温泉にて、女性の経営者三人が集まりました。
いつも、話題に出るのは、最近の経営状態、人の問題など、、。
今回は、新地のママさんが加わり、このような話題に、
「一番難しい問題が、人さんの問題ですね。最近は三カ月持たない人が多くて。
本気になって、育てたいから、本気で叱ると明日からもう来ないでしょ。」
「やっと、人さんが育ったと思ったら、今度はお客さんがいない。」
「一難去れば、又一難。この繰り返しやね」
さて、おごと温泉と言いますと、一昔男性のお客様が多かったようですが、
今は、京阪神では有馬温泉同様、女性客がほとんどのようです。
やはり、女性が行きたい所に、男性も付いてくると言うことなんでしょうね。
さて、お湯なら、湯元館さんの、お湯が、「とろり~」と、いいですよ。
経営者は、いつどこにいても、寝ても覚めても、経営を考えている。大阪城の
梅の開花が待ち遠しい昨今、梅には、梅の花桜には桜の花、。
「東風吹かば、主なしとて、春を忘るな」
梅の花のごとく、ちっぽけな存在かもしれないけど、梅の香りをどうか忘れないでほしい、、。
私は、菅原、道真のような、存在でいたい。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ