つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

椎葉の内緒話

本日のマッサンご覧になりましたか?
ドラマは、かわいがってきた従業員による裏切りです。
従業員の騒動は、計り知れないほど、経営者は苦しむものです。
事業家は、本当に、ドラマ通り困難きわまることが多いようです。
 全く、マッサンの主題歌 「麦の唄」は、元気をもらいます。
経営者と従業員の問題で、悩む人はこのように考えてみてはどうでしょうか?
「自分が必要とされているかどうか?」
よく評価されていない。という声を耳にいたしますが、
結果を相手に求めると、自ら崩れてしまいがちになります。
最近は、親が子を虐待したという、ニュースが相次ぎ
寒々とした、世相の中で、生きて行くのは大変な事です。
いつの間に世の中が変わってしまったのか、落胆してしまいます。
命さえあれば、明日と言う日が来るよ。よく、親がこんなことを言ったったもんでした。
いよいよ、私の会社も集大成に向けて、一致団結してくれて
います。あらゆる、能力を出し切ってくれているようです。
ある大手の営業社員は、「うちらは、数字だけしかみてくれん。
椎葉さんのように、人を、育てていくという会社は、なかなかいてへんよ。」
 と、お世辞を言ってくれますが。いざとなると、経営者は、顔で笑っていたとしても、
数字の落ち込みは、何といっても、悲痛なもんです。ところで、
「マッサン」のドラマのように、経営者も最初は未熟なもんです。
みんなの協力があってなしえるものです。
自ら反省し、社員と一緒に
成長していくもんなのです。
松下、幸之助氏が残した言葉「うちは、社員を育てています」
心に染みいる言葉ですね。
今、みんなの、笑い声に、包まれ、平和な空気が流れています。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ