つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

女性の働き方

女性と男性の働き方は、全然違うと思いませんか。
 特に、日本の女性にとって職場とは、、。何か?
を考えさせられる、ひとつのヒントになるであろう
北条政子のリーザーシップぶりが、Eテレでやっていました。
北条政子と言いますと、悪妻というイメージがありますが、
事実は、そうではなかったようです。
政子は頼朝亡き後、武士政権を建てなおしするためにこのような
言葉で取りまとめたとか、、。
「寂しさを、受入れよ」つまり、現実を肯定せよ。という意味です。
さて、女性の場合の働きを、みていますと、このような方が多く
見受けられます。たとえば、辞める時は、いつも一緒。
おまけに、だだをこねて周囲に悪影響を及ぼすことも、、。
仕事をやり遂げない。つまり筋を通さない。
女性の私がみてもこのような方に、がっかりいたしました。
転々と職を変わっていると、信用がなく次の雇用主は
履歴書が汚れていると感じるものです。
ちなみに、私のふるさとである、串本町田並の同級生はほとんど
転職せづに、其の職場のリーダーとなっています。
 いかに、自分の人生をどう仕上げるかは、其の人次第です。
ひとは、鍛えられずして成長いたしません。
飛んできた玉を、どう打ち返すかは、あなたの、パワーにかかっています。
他人の評価を気にせず、ぶれない自分を育てましょう。
そんな、強い意志を持って働く女性を周りは頼りにします。
ちなみに、私自信、人に悩まされ、そのたびに成長して参りました。
この地に、根を下ろし四十j年、そしてわがままな夫に仕え三十六年。
今では、肝っ玉社長です。
さては、ひとつ視野を広げることで、どなたにでもできる、「続けるという覚悟」をしてみてください。
就職シーズン何か、ヒントになればと思いました。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ