つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

予期せぬお便り…日本は幸せですか?

「流れる雲よ」2015……この演劇は、戦争に向かう若者のお芝居です…
大阪公演を観に行った後 脚本家の奈美木 映里さんからこのようなお手紙を頂きました。

脚本を書いた奈美木さんは、私とほぼ同年代ということです。
情熱満開の方です。

人に必ず平等にやってくるもの…それは「死」です。
「死」の前に生前私たちがやらなければならないこと
『命を使う事・それが「使命」なんだ』
今できる事、不満をぶつけるのではなく
全てを受け入れお若い人たちに共有できる
最後の年齢になった感じが致します。

日本は良い国ですか?
ハイ・良い国になるよう私たちが努力して
みんなで力を合わせてゆきましょう!!

そんな想いは、脚本家の奈美木さんと一緒です。

来年は、ここ大阪枚方で応援させて頂きます。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ