つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

利他の精神

私はいつも、相手を良くして自分も良くなろう。と思っています。
相手の事を考えるばかり、こちらの優しさにつけこむヤカラが
どれだけ多くいたことでしょう。
 私達はよく騙されました。
人に給料を支払いながら「どうか、この子に幸あれ」と願って
きたものの、裏切りや非行が経営者を苦しめてきました。

「裏切りや妥される人は、最後には良くなるよ、。そこには利他の精神が
働いているからね。その反対に自分のことしか考えられない人は、
滅びるよ。これが道理というものさ」
椎葉さん、枚方で良く頑張ったと、評価されているのも、
ひどい目にあわされたからだよ。」

思えば従業員一人「この人の為に」と、泣きながら叱った事もあります。
ある経営者の仲間が、さらにこう言いました。
「自分の欲を捨て、裏切られ続けようとも、人の幸せを考える所に
人が集まってくるんだよ。]
今私の周りには、このような事を語れる経営者、なるほどとうなずく
若手のスタッフが集まっています。
若い時の苦労は買ってでもすることです。
経営者は、どのような苦難も受けて立つ「いわば開き直り」の精神が
大切です。
大きな岩を取り除いた後には、ステップアップした自分が待っていることでしょう。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ