つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

最出発の門出

この三月は、同級生の多くが「退職」の年にあたります。
でも、みんなが選んだ道は「退職」ではなく、再雇用の「門出」でした。
 働ける所があるだけでも「有りがたいね。辞めてくれと言われるまで頑張ろう」
と言っています。
春門出の季節です。社会人となったからには、誰しも働いて食べていかなければなりません。
長い人生を、問題なく事が運び、楽をして成果が上がればそれにこしたことはことは
ありません。
新たに挑戦すればするほど困難がつきまとうものです。
苦労したことがない。という人は、本当の幸せを知らない人です。
苦労を語る人はもう、それを乗り越えるだけの「バイタリティ」を持っているから、
語れるんです。
今の人は、「すぐに結果」を求めすぎます。
「これやったもに、認めてくれない。」と、だだをこねるケースが多いようです。
長年の経験から、「困難をともなう仕事をあえて選ぶ」ことをお勧めします。
あるがままに突き進すんでいると、思わぬ結果を得ることができます。
職場の先輩として私も、最出発なんです。
人のお役に立ち働かせて頂くことが、最高に幸せです。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ