つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

大河ドラマ 真田幸村

いよいよ、大河ドラマ「真田丸」面白くなってきました。
建築の仕事をしている私の大好きな趣味は「日本史」
特に、下剋上の時代は、わかりやすくて面白いものが
あります。
私が魅了するのは、ナンバーワンではなく脇役として
人生を遂げた「悲劇のヒーローたち」の事です。
真田幸村ほどの知恵があり、家族を想いやり優秀な武将が
理不尽な扱いを受けながらも、上司を裏切ることなく
悲運な最後を遂げた生涯は、多くの日本人が
大好きなところですね。
仕事の合間をぬって幸村親子が幽閉された「九度山」へ
行って来ました。
人生というものは常に自分の頭で考え追求し行動する。
合わせて選んだ結果はどうであれ、その責めは自分
自身にあります。
人生といのは、勝ち負けではなく、其の人の生き方に
意義があるのだと思います。
若いころは、自分の苦労に耐えられず、愚痴をいったもんです。
今となれば、「やるだけやったのだから、いつ死んでもいい。」
そんなつもりで、後半の人生を楽しんでいます。
失敗を恐れず、前に進む。
人生とは、やるかやめるかの選択だけなんだから。
大河ファンの方、
幸村一家の生き方に魅了される「九度山」へ行ってみてくださいね。
隠棲跡にたたずみますと、息をのむほどに、幸村の天地創造の
世界が広がります。

▼真田幸村親子幽閉の地『九度山』を訪ねました。
IMG_20160605_141752 IMG_20160605_141808

IMG_20160605_152054 IMG_20160605_152300

IMG_20160605_141743

▼大河ドラマ後半の舞台となる地です。
IMG_20160605_151102 IMG_20160605_150027

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ