つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

成功する人としない人

成功する人としない人は、どこが違うのでしょうか?
一言で行くなら、成功する人としない人の違いは
「諦めるか?諦めないか?」の違いに決まっています。
今日は、朝五時半に起きて、経営者の為の「モーニングセミナー」
に行って来ました。
セニナーの内容が、事業を成功に導くには、成功体験を積み「自信」
を持つことであると。
従業員ならいざ知らず、経営者の中には、「どうせ、でも、、だって」と、
否定し続ける人に限って、成功の道が閉ざされているのだそうです。
では、愚か者と賢者の違いはどこが違うのでしょうか?
愚か者は「目先の欲つまり利に悟り」賢者は「儀を悟る」と。
私自身、頭が悪いので、小さい時から「学ぶ事」が大好きでした。
学んで頭打ってまた前に進む事が大好きでした。机上での
勉強では物足りなさを感じたからです。
「なぜ、どうして、」と考え解決に向かって行くことがたまらなく好き。
人が想うように働かないときは、「人とは何か」と考え、「何故そうなのか」
と突っ込むことで、問題が解けてきます。
最近は想うようにいかないことは面白いと思えるようになり、
あせらずじっくり待てばいい。と余裕が生まれ、解決策を見いだしては、
にっこり。
本当のやりがいとは何でしょうか。
それは、自己実現できる場ではないでしょうか?
そのためには、目先の利に囚われず、人を重んじもう一歩
先を突っ込むことで未来が見えてくるんだと思います。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ