つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

ここまでこれたのは社員がいいからだと

今から、四十五年前、枚方にトップセンターという市場がありました。
そのテナントに小さな衣料品やさんがありました。
トップセンターがトップワールドに変わったために、その衣料品やさんは、
近くのテナントで、今も「高齢者にとって便利な御店」としてお客さんがついて
いるようです。
今日、その御店に四十年ぶりに行きました。
「いや~椎葉さん。あんたとこ、大きくなったわね。
いつも、チラシみているよ。ご主人と社員さんみんなすごいね。
ここまで、来られたのは、社員さんがいいからだと思うわ」
このように言って、頂けました。
自分の事を、うちは社員がいいからといっても、誰も信用
しません。しかし、地道な努力や成果は、地元の方から
このようなありがたい「お声」として頂けるんですね。
ある人からこのような事を教えてもらった事があります。
「この世で最も大切なものなんだと思う?
物もお金も、稼げばできる。人は大切とは、分かっていても
理解してもらうには相当時間がかかる。
しかし、良い事をしようという人の所へ人が集まり、人は人によってほだされる
ようになる。
そして、最初は、人の心は「冷たい」しかし、雪解けの水のように
流れ始める。
そこまでが辛抱だ。」
この方は、すでにお亡くなりになりましたが、いつも、「教訓」として
こころに沁み入っております。
経営をしていく中で、というより生きていくうえで最も大切なもの
何だと思いますか?
人には、それぞれの「考えというお宝」があります。
今、会社で働いてくれている人たちが「幸せ」を感じて頂けるように
教えられ、分かち合える、そんな仲間でいたいと思います。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ