つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

職場になくてはならない存在に

破産管財人が付いた物件の内覧がありました。
その物件は、オフィスにて使用されていて、「倒産」する直前まで、
仕事をされていた様子が、なまなましく物語っていました。
うちの専務がこう言いました。
「サラリーマンの経験があるものにとって、この人たちはどんな気持ちで
働いていたのだろうかと胸が痛む」
みなさんは、職場とはいったいなんだと思い働いていますか?
うちの、パート従業員が、こう言いました。
「やれ会社が悪いという人がいますが。そんな人は、自分が倒産した会社の
経験をしていないから。どのような会社であれ、ボランティアならともかく、
お給料を頂くと言うことは、文句なんて言えないはず。」
人には「ああしてほしい、こうすべきだ」時には、要求が先ばしり、
本当に大切なものを見失うことがありませんか?
私はこう考えます。
人を思いやる心が其の人や、職場を成長させるんだと思います。
粘り強く、諦めず。
職場で信頼される人になろう。
そして、何があろうとも、職場になくてはならない人になろう。
素晴らしいステージが待っていることを信じて、、。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ