つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

人の為に

夕立が上がり、空を見上げていると、先日亡くなった父の事が思い出され思わず
「お父さん、どこにいてるの?返事をして。」
すると、東の空に、雲と雲の間から虹がかかり、それが五分間私の目を止めてくれました。
「ここだよ、元気か・頑張りや。毎日観ているからな」と、言っているかのようでした。
父が脳梗塞で、倒れて、命が尽きるまで、ようなく冷静になって考えることがあります。
順天堂医院、院長、天野篤(天皇陛下の動脈バイパス手術を執刀)先生の言葉です。
 言いわけというものは、言おうと思えばいくらでもいえるものです。
例えば、手術がうまくいかなかったとき、外科医はこんな言いわけをします。
「患者さんが高齢だったから」「合併症があったから」「心臓肥大がひどかったから」
若いころには、とかくそんな言いわけをしたもんですと続く。
しかし、言いわけで患者さんは救えません。
エホバの証人の患者さんがその信仰から輸血拒否を訴えるなか、外科医の頑張りで
今や、心臓手術は貧血がない場合、70~80%は輸血なしで行われるようになったそうです。
さて、父が脳梗塞で倒れてから、心臓に持病をもっていた父の「心臓」は、はたしてこの
対処が最善だったのか?
ここで、病院のあり方をどうこう言うつもりは一つもありません。
もし、私が、心臓外科医だったら。もっと、手の施しようがあったのではないか?
脳梗塞が原因で、肺炎を引き起こし、弱った心臓にますます負担がかかったのなら。
それを、未然に防ぐ方法があったのではないだろうか?
和歌山の紀の川に、華岡青洲いう日本で初めて麻酔に成功した先生を思いだしました。
成功する人は、多くの失敗から多くを学び屈せず挑戦をする人だと思います。
私は、困難が過ぎ去るのをただ耐えて待つのは嫌い。
そして、愚痴るのも好きではありません。
ああでもない、こうでもない。
最善の努力を尽くして、試練と向かい合い、克服していこう。
積極的に真剣に、、。
一見困難な事でも、悲境の只中にあったとしても、希望につなぐ医療を、
すべては、患者のために、今後大いに期待したい所であります。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ