つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

利益という意味

今日は、朝五時に起き、経営者のためのセミナーに参加しました。
そこで、このような講和がありました。
利益には、目で見えるものと、見えないものがあると。
分かってはいるけど、これを言葉で表現するとしないでは、大差があると思いました。
人は、目に見えたものを「利益」と考えがちです。
たとえば、こんなに大変な思いで働いているのに「ただのこれだけ」つまり、
金銭のみを優先しがちです。
私は、いつもこのように考えてきました。
「こんなに苦労したおかげで、子供がまともに育った。
目で見えない利益の方が大きいなあ」
何かするたびに「お金を要求する考え」つまりそれが、自分の利益と思う考えは
目先だけを、見ているのです。

どのような経験も、無駄がないのだと、自分を叱咤激励し、前に進むことが肝心ですね。
目に見える利益に繋がりますよ。
私は、みんなを幸せにしたくて働いています。
目に見えるまで遠い道のりですが、信念を持ち続ける限り不可能はないと信じて働いています。
良いお話を聞けたのも、朝早く起きたからだと、「利益」だと、思っています。
利益はあちらこちらにあります。
利益を得るのも、捨てるのも、ご自分しだいね。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ