つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

せめて今日一日

枚方市にある行きつけの美容室に行きました。
こちらの美容室の先生がこういいました、。
椎葉さんは、何にこだわって仕事している?
私は、逆に先生のこだわりは?
すると、予想もしなかった言葉が返ってきました。
せめて、今日一日」という言葉が、好きなんです。
私にとってせめて今日一日、お客さんに何ができるか?
二度と会えないかもしれないお客さんに、私のできること精一杯したいんです。
美容室を開業して、椎葉工務店本店と同じで五十年近くになる先生は、
ご苦労され、最近は病気との闘いだったとか?
あることを、思い出しました。
幼少の頃三世帯で住んでいた私は、「せめて今日一日」という、この言葉を
祖母がよく使っていたことを、再び思い出しました。
太平洋戦争に出征するわが子に対して、母が「せめて今日一日この子を
抱きしめて話がしたい。」
また東北の震災にあった人々が、生きたくても生きれなかったことを
思うと、「せめて今日一日」という言葉は、感慨深いものがありました。
昔の人が、後世に残していく「言葉の魂」って凄いパワーをもらいますね。
椎葉さんは?との問いかけに、
「ズ~ト先の事より目の前の仕事をしっかりして、今日という日をしっかり」生きる」
と、答えました。
これから未来という時間がたっぷり残された若い人もまた、いつかきっと
「せめて今日一日」という、「言葉」に感動する日がやってくることでしょう。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ