つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

人の喜びが自分の喜び

Pocket

私は、商売人に嫁いだためいつの日か、
自分のことより「人」の喜ぶことを考える習慣が身についてしまいました。
今日は、紀陽銀行さんが飛び込んで見えました。
うちは、長年の信用のおかげで大手金融機関さんはもとより
皆さんにかわいがっていただいています。
今日の紀陽銀行さんのスタッフさんは、いきなり「私のブログをみて
おもしろい」との事でした。
私は、和歌山県串本町の出身なので、紀陽さんにがんばって
いただきたいとの思いはあります。
私が、銀行を選ぶ基準ですが、金利が安いだけではないのです。
ひとつには、支店長にやる気があるかどうか?なんです。
決算書もそうですが、裏にある背景を尊重しつつ組み立てるお力がおありなのかどうか。
さて、お金を借りて返さない人間は、最低といっても過言ではないでしょうか?
もちろん、私は48年もの間、「業者、銀行」ただの一つとて、待たしたことはありません。
やるべきことをやって初めて、世間の前に出られるのだと思います。
かたぐるしいお話になりましたが、今私の目の前のお仕事は、
今年任命を受けました椎葉会長のふるさとにどれだけ「利益」を運んで差し上げられるか
どうかということになります。
お仕事、周りの人との人間関係は、すべて差し上げることからはじまるのです。
儲けとは、相手を喜ばすことなんです。
椎葉村の物産があまりにも、おいしくしかも、「安い。正直価格ね」
このように言ってくださるお客様のお声に、大変忙しくさせていただいています。
ありがたいことに、長年の友人、業者さん、銀行さんみんな、椎葉物産へ協力して
いただいております。

Pocket

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ