つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

中小企業の社長さんなら気持ちわかる?

昨年、我が家のお手伝いさんが倒れました。
二ヶ月たっても復帰できるようにもありません。
あるとき、ふと三十年まえにうちで働いてくれていたNさんが
浮かんできました。
Nさんは、足を怪我していましたが、現役のお手伝いさんが
復帰するまでという条件で、来てくれました。
三十年も前、まだ事業が起動に乗り始めたころ、いろんな
出来事や事件が多発しました。
私たちが、まだ三十歳代という、「おしりの青い」存在だったこともあり、
働いてくれる人との間で、悩みと苦しみが未熟な私たちを襲いました。
そんな中で、たんたんとお仕事をこなしてくれたNさんは、恩人でした。
さて、現役のお手伝いさんの回復予想がついてきました。
ピンチヒッターとして来てくれているNさんは、「できれば、うちで働きたい」
と言います。
現役のお手伝いさんを、断るのも辛いものです。
社長というものは、「従業員がやめる」といわん限り、基本的に「お断り」
は、しないものです。
日本中の小さな会社の社長の苦しみは、自分の都合が悪いとやめていくのが従業員で、
どこまでも、できると信じて雇い続けるのが社長なのだと思います。
この年になりますと、いい経験をさせていただいたお陰で、
どんなときでも、冷静になれるものです。
さて、私が下した、お手伝いさんへの配慮は、2人で、お仕事をシェアーしてはどうか?
と、提案するつもりです。
お二人とも、年金世代なので、少し働ければという気持ちのようで、内心助かりました。
このように、小さなことから、「おい社長だせ」と、ヤクザなようなクレームにまで
お付き合いが、社長業なんです。

▼商社との交流会で書いていただいた似顔絵
社長 絵

Pocket

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ