つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

わろてんか

みなさん、NHKわろてんか見ていますか?
最近、こんなシーンありました。
やすきぶしを取り入れようと、踊り子を呼んでくるのです。
その踊り子たちの実力では、お金が取れないと思った指導者は
きびしいトークで、叱咤します。
ですが、踊り子はふくれます。
しかし、ここから、「どこが悪いのか?悪いところ教えて」
と、反省していきます。
まさに、仕事とはこんなものなんです。、何故、しかられるのか?
お金をいただくとは、こんなものなんです。
「わたしは、これだけしかもらっていないから、こんなことあほらしくて」なんて、いっている人は、どんな仕事についても、人から、「ありがとう
あなたとお仕事してうれしかった」
このような、感動の言葉はいただけないものです。
昨今、若い社長とスタッフの間で、このような取り組みをしている企業があります。
どんなに、しんどいときでも、「うれしい、たのしい、幸せ」といった、前向きな
言葉で語りあうそうです。
それは、人の笑いほど、人を幸せにしてくれるものは、ないからでしょうね。
働くというのは、「がまんしいや、思っていること言ったらおしまいや」
このように、親の姿を見て、育った私たちの時代と違って、「うれしい、
たのしい」人の幸せとは、その日そのときの笑顔なんだと、若い人から
教わりました。

▼わろてんかのワンシーン
IMG_20180107_111905

▼吉本の、大阪の『今』を作ったといっても過言ではないかと。
IMG_20180107_111932

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ