つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

オリンピックを見て

オリンピック、女子フィギィアーで宮原さん、坂本さんよくやりました。
印象的だったのは、「メダルの色ではなく、悔いはない」という言葉でした。
アスリート達は、怪我を克服して、メンタル面でも、苦難を乗り越え
大きく成長していくのだと思います。
私が、大好きな言葉は、「苦難こそ、幸福の門」です。
何かをやり遂げるには、人やものにまで感謝して、自分がどのような
気持ちで、がんばろうと思うことが大切だそうです。
いわゆる、モチデーションのあげ方と、一言で言いますが。
うちの会社は、枚方で知らない人はいないといって頂けるようになった気が
いたします。
しかし集大成は、まだまだここからです。
働いて同じ飯を食っている人が、どんな気持ちで「よし、やろう」
と思って、いただけるかが、大切なのです。
人を育てるに尽きるとは、どのような世界も一緒です。
でも、そこが一番難しく、どこのリーダーも頭を悩ましているところです。
みなさん、苦難に勝ちましょう。アスリート」のように。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ