つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

どんな気持ちでお仕事されていますか?

ふたつのことを、同時にこなすのは難しいものです。
どのような仕事においても、こうありたいと願えば必ず壁が
立ちはだかり、思うように前に進むことができません。
不器用な私が、もっと不器用な夫とともに、47年もの間事業を
続けてこれたのは、ただ「苦難を乗り切る長距離ランナーでなくては
ならない」と考え行動しただけです。
今日の、新聞の社説に、胸に響くものがありました。
中学生の部活をめぐった教員の、長時間労働に議論が盛んに
なっているそうです。
教職を単なる労働の場として、考えている人がいたのなら、この筆者の
記事に何を感じるのでしょうか?
ふと、中学の部活顧問のつぶやきを思い出した。数学の先生で、球技は苦手
だった。「僕は少しもうまくならないけど、君らが休まないおかげで採点が早くなったよ」
時間のやりくりに苦労されていたのだろう。
不肖今頃になって思う。読売新聞、2018.2.17
ふたつのこととは、たとえば、事業を前に向けて「こうありたい」と思えば思うほど、
協力者の理解を得ることは、至難の業であります。
桃、栗、三年、柿八年、人は十年。
人だけが、使命を考えられる。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ