つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

直感力と団結力

最近は、朝早く起きるようにしています。
朝起きは、千文の得ということわざがあるように、
朝早く起きると、、直感がさえるのです。
「直感力」は、不動産業にとって、重要なことです。
たとえば、土地を買って、建物を建てる、
「はたして売れるかどうか?」
判断は、直感しかも、わずか十分で決めることが大切です。
わたしは、若いときから、しかも不動産業の経験がないときから、
売れるであろう金額を、ぴたりとあててしまうほど、自分でも
この仕事は、「天職」だと想うことがあります。
不動産屋は、値決めから、売却にいたるまで、スピードがものを言います。
ここで言うのも変ですが、私の「直感」は、自分で言うのも変ですが
さえていると想います。
経営者は、何が良くて何が悪いのか、努力以上に、
さえた、直感力を養うことが大切だと想います。

経営者は、直感力に対して、従業員は、団結力と想います。
会社は、従業員の能力で決まる。と言いますが、
一人の力で会社は動いているのではありません。
うちのような小さい会社ですと、特にパートさんの、陰の力が
どれほど助かっているか知れません。
自分が自分がということではなく、みんなでなんとか
せなあかん。このように、考えることが重要なのです。
ところで、私は、高校野球が好きです。
あの無欲な学生らしい戦いぶりは胸を打つものがあり、地元中心に頑張っている
わが社と似ているような気がいたします。
明日から、新入社員が、入ります。今、その方の初出勤のために
明日から受け入れる為に、みんな、汗水流しながら、その人の机を用意しているのです。

みなさん、考えてみてください。
人を新しく受け入れるということは、陰で目に見えない人たちに
お世話になっているの?と想ったことありますか?
人間として、大切なことは、「契約条件、ペーパーでの決め事」ではなく、
また、いきなり気に入らないから、「辞める」というのではなく、
仲間を信じて、仲間を受け入れる人材でいてほしいと、願っています。
今、「働き方改革」なんて、へんなこといっていますが、
まずは、相手を信じ、尊重する、相手は人間なのです。
たとえいかなる苦難が来たとしても、自分ひとりが、つらいわけでもありません。
お仕事をいただくことは、人様からいただくありがたい「利益」であり、
本当に自分にとっての、「利益」とはなんなのか?を、
自覚してみてはどうでしょうか?
お互いのために、もてる力を使いますと、、不思議と
想うような、「結果」が待っています。
みなさん、日本人は、お互いを思いやる、
すばらしい国民です。
私自身も、すばらしい仲間を信じて行きたいと想います。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ