つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

灯台もと暗し

連休の真っ最中みなさんは、どのように
お暮らしですか?
近頃は、若い世代から「学ぶ」ことが沢山あります。
たとえば、連休は遠出をせず、近場で「バーベキュー」をされている
姿を見かけますと、「なにもお金をかけずに楽しむ」事のできる、
ほほえましい光景です。
私たちも、遠出をせずに、この新緑の季節を、味わっています。
ところで、5月5日は、不動産部の安田君の、誕生日と聞き
4月の私の誕生日に、サプライズしてくれたメンバーの一人であるため、
気合いが入ります。
ここでは、ないしょですが、きっと喜ぶことでしょう。

ある新聞に、このように書かれていました。うさぎとかめの童話について、
かめが勝ったのは、相手が、うさぎがったからではなく、「ゴ^ル」を、
見つめていたからだと。
ほんとうに、納得できる「話し」です。
これまで、裏切ってお客様の名簿まで利用した人もいましたが、
論外です。もう競争相手でも、なんでもないのです。
「働くことは、楽なはずはないこと」
あえてわかった上で、世間の片隅から、こう申し上げたいのです。
環境が、あるいは相手がどうであれ、今日より明日へと、
努力を怠らない、一歩一歩、自分を磨き上げていく。
そんな人に人は、信用を寄せ、惚る。
連休のさなか、わがふるさと串本町「潮岬」灯台、樫野灯台が
目に浮かんできた。
人間は、案外「灯台もと暗し」なのかもしれません。
自分の近くにある、見えにくいものに、
本当の意味での、「幸せ」があふれている。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ