つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

大道芸人とマジックショ-

みなさんゴールデンウイークは、
ゆっくりお過ごしになられましたか?
最近は、遊び方も変わってきた気がいたします。
私は、夫婦で久々に出かけ、とある所で、マジックショーを見ました。
お金が人の頭から、耳から、次々に出てくるショーには、うっとり。
また、バルーンを鼻から膨らませ、ディズニーのキャラクターなど
次から次に楽しく作っては、観客の笑いを誘っています。
その、姿がうちのスタッフに似ているものですから、
お腹が痛くなるほど、笑いすぎました。
腹を抱えて笑うとはこのこと。
観客は、ノリノリ、みんな大笑いです。
この年になって、改めて気づくことがあります。
人間のこの、「笑い」こそ、隣の人を、「幸せ」にしていると
感じます。
人は、失意に落ちたとき、笑うことはできません。
最後に、お笑いを誘ってくれた、マジシャンや芸人に、
スタンドから拍手を送りながら、こんなことを考えていました。
私たちは、住宅産業を通じて、夢を語り、お客様と「夢」を共有することを、
させていただいております。
しかるに、イヤッと想うお客様も、時にはいらっしゃるかも知れません。
昨今は、しかめっ面をして、心を開いてくれお客様もいらっしゃるとの事ですが、
いかなる時も、、スマイルで笑いで、ジョークで接してくれる、「人」にひとは
魅力を感じるということ。
スタッフの、声が聞こえる。
「社長、そんなこといちいち言われなくても、わかっていますよ。」
苦労を現場でしてくれている、わがスタッフに、改めて、SANKYOU!

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ