つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

営業の鉄則

売り上げを上げたいのなら、お客様を訪問することです。
私と会長は、貧乏も貧乏のどん底から起業しました。
電気の好きな「会長」は、家電販売店をしていました。
人件費は仕方のないことですが、広告を打つ費用すら
ありませんでした。
私は、一日飛び込み営業を重ね、会長は顧客まわりをしてきました。
夏は汗だくで、涙と汗が一緒に流れました。
子供を背中に括りつけ、「まるでおしん」のように、
お客さまを訪問し続けました。
しかしその成果は、確実にあわられました。
これは、うちの営業マンにもいいたいのですが、
顧客周りの出来ない人や会社は、潰れると思います。
営業マンは、少し売り上げを上げると、自分の力だと過信しますが、
それは、本当の「力」ではありません。
暇さえあれば、「こんにちは、」と何気ない訪問をすることです。
私たち夫婦の意見が一致することはまれですが、
「暇さえあれば、こまめに顧客訪問をする社員でないと信頼してくれない」
と、私たち夫婦は頑固に言いたいのです。
今の時代の人は、
楽して金儲けしたがる世のなかです。
ITよりも大切なものは、「お客様に会いたい」という心なんです。
お金のために働く二とは悪いことではありません。
しかし、お金を目的とした人は誰も相手にしてくれないのです。
みなさん、どうか、自己を研鑽され、
暇さえあれば、お客様のところへ、
「お元気ですか」
の訪問続けていただきたいと思います。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ