つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

異常気象に思う

このたび、岡山や広島での災害そしてこの異常気象。
私たちは途方にくれるばかりです。
これらの現象に国は想定外といいます。
しかし私は、国の人災だと思っています。
これからの日本を思うとき、私たちのお仕事に絡んで
申し上げたいことがあります。
早急に国産材を使うこと、コンクリートをやめること、
高層ビルは一部の地域に限定すること。
今の時代を、明治時代にまで、タイムスリップさせる必要が
あります。
経済のみに走りすぎた私たちに責任があります。
そういう意味では、地震に強いテクノストラクチャーは、社会に
貢献できていると思います。
都会に住んでいると、自分のことしか考えない、お金のことしか
考えない人が多すぎます。
人間は、自然との共生なのです。
自然を愛する人は優しく、人を愛する心に満ちています。
どうか国策として、一刻も早く、国産材を使うように講じてほしいと
思います。

コメントは受け付けていません.

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ
問い合わせ