つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

子は日本の宝、、、3番目の孫 麗乃です

今日、樟葉のモールへ行った時の事です。5か月になった孫の麗乃は、あやしてくれる人が
大すきです。いつも、にこにこ笑っています。お年ころは70歳を少しすぎているかと思われる
ご婦人のかたが、お話のお相手をしてくれました。「赤ちゃんは、日本の宝ですね」
「ホンコンに住んでいたけど、目を離してはダメよ。誘拐されるよ。」などと、、、。
この年齢の方って、おやさしいね。自分の事より他人の事へ気を配られ、思わず日本人で
良かったと思います。個人的な事になりますが、もし、夫との出会いがなければ海外を
飛び回っていたかもしれません。海外で生活をされた方にお聴きするとお分かりになりますが、
ある国で10日程ステイしたことがあります。ほんとうに、日本人のやさしさが身にしみてわかるんですね。
この間ベトナムへ進出している中小企業の社長さんがいっていました。ベトナムの人びとは、日本人は
頭がよくて、真面目で、他人への思いやりがあり、辛抱強いこんな信用性をかわれて、日本の企業で働きたいと
言うらしいね。さて、日本の宝である孫たちが大人になったら、どんな時代になっていることでしょうね?

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ