つれづれなるままに~経営者の想い

トップページ » 社長日記 » 

気持ちの通じる営業とは

Pocket

せっかく、パナソニックテクノストラクチャーという立派な建物を、販売していても
売れる営業と、まったく売れない営業さんがいてます。
この人たちの違いは、どこからおきるのでしょうか?
私が日頃感じていることは、お客さまと気持ちのすれ違いが大きな原因となることが多いようです。
自分の気持ちを伝えたつもりが、勘違いされたり、お相手はお客様ともなれば、厳しい人間関係です。
ところが、売れる営業さんは、自分の気持ちを伝えるのが得意です。
人を悩ませ考えさせるものそれが人間関係です。大切なことは、お客様のお話をよくきくことです。
恥ずかしいことですが、私の会社に古くからいてる人ほど、テクノの素晴らしさを伝えたくて、テクノの自慢ばかりして
結局、一方通行になってしまうケースが多くみられます。気持ちの通じる営業とは、お客様とどれだけ、信頼や信用を
育めるかだと思います。もっと、相手の事を理解しようといろんな話を、聞くことです。
人は、自分以外の人によって、新しい魅力を引き出してもらえたり、一歩進む力をもらえることがあります。
一見苦手な人や、嫌いだなと思う人でも相手の話を、うなずき聴くことで相手の心が変わることもあります。
私自身も、スタッフには、本当に心の底にあるものをあるがままに、聞かせてもらいたいと思っています。

Pocket

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ