スタッフブログ

トップページ » スタッフブログ » 

半夏生

Pocket

今日は七十二候の半夏生

かつては夏至から数えて11日目、7月2日から
七夕までの5日間が半夏生にあたるそうです。

農家の方々には節目の日で
半夏生までに農作業を終えて、
この日から5日間は農作業を休みにする地方もあるとか。
地方によっては
天から毒が降るといわれ、井戸に蓋をしたり、
この日とれた野菜は食べないようにしたりするそうです。

この日讃岐ではうどんを、
福井県大野市では焼きサバを食べるんですって。
上方ではタコを食べるんだそうです。
タコ?
大阪にずっと住んでますが
この日に意識してタコを食べたことないです。
井戸に蓋、なんかは
夏の始りで食中毒の防止などの意味があったのでしょうか?

建築工事には関係ないけど、
今日はタコをたべてみようかなぁ。
日本の風土を意識してみると
特色があって面白いですね。

Pocket

コメント

住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ