テクノストラクチャー 工法の特徴|大阪府枚方市で新築一戸建て・建替え・注文住宅なら、地震に強い耐震工法パナソニックテクノストラクチャーの椎葉テクノホーム

トップページ » テクノストラクチャーとは » 工法の特徴

敷地や間取りにも柔軟対応。幅広いバリエーションにより自由な空間を実現します。

ワイドな空間

1階はもちろん2階も、最大2.8mの天井高が実現できます。また柱間最大約6m※のロングスパンを利用して広く明るい空間の設計が行えます。さらに、バルコニーも下に柱を出さずに奥行き1.82m(1間)のプランに対応できるので、広い空間を希望される新築注文住宅にうってつけの工法です。

※数字はすべて芯々寸法です。
※外張り断熱工法くるみ~なや3階建て住宅では天井高が再現される場合があります。
※プランや地域によっては対応できない場合もあります。

最大2.8mの天井高・柱間最大約6m

ロングスパンを利用して広く明るい空間の設計  持ち出しバルコニー

テクノストラクチャー:最大持ち出しバルコニー

テクノストラクチャーなら1.8mもの奥行きを実現! バルコニー下の利用度もアップ!

1.82mバルコニー

テーブルやチェアも置ける広さ!バルコニーの利用価値が上がります。

利用価値が広がる

空間のバリエーション

空間バリエーションを利用して、理想の新築注文住宅の建築を楽しんでください!

大屋根の外観で、開放感あふれる吹き抜けの勾配天井やロフトが実現。

バリエーション1

ビルトインガレージの上にスキップフロアを採用することにより、天井がより高い2階リビングが実現。

バリエーション2

対候性に優れたフラットルーフ(陸屋根使用)で、屋根の利用も可能。

バリエーション3

テクノストラクチャーとは
8つの特長
工法の特徴
信頼性の理由
なぜお手頃価格なの?
3階建新築注文住宅
曲線の新築注文住宅
収納構造新築注文住宅
住まいに関するご相談・お問い合わせ
ネットからのお問い合わせ